カードローン

MENU

カードローンの金利は高いのか

カードローンの金利を見てみると、最低金利と最高金利があります。最低金利については低いところでは3.0%と低金利なものもある一方、最高金利では18.0%と高高金利なものがあります。収入が高いと低金利だったり、アルバイトだと高金利だったりするわけではありません。適用される金利は、借入れする金額の大きさによって変わります。

 

カードローンを比較して、最低金利では各社意外と違いがあります。最低金利が低いカードローンでは、融資限度額も大きい傾向にあるはずです。つまり、最低金利が低くても、借入金額が同じケースでは、金利も同じ程度に設定される可能性が高いです。

 

そして、初めてカードローンを組む時に、消費者金融ではそれ程大きな金額のカードローンを組むことはできません。これからカードローンを組むときには、最高金利が適用されるケースがほとんどだと覚えておきましょう。

 

例外として、銀行のカードローンであれば、始めから100万円を超えるカードローンを組むこともできる場合がありますが、ほとんどのカードローンでは始めは50万円以内であり、適用されるのは最高金利です。

 

低金利で借りられる銀行カードローンとして注目を集めるオリックス銀行カードローンは、来店不要で口座の開設すらも不要となっているため、カードローン契約手続き以外の余計な手間もかからないのです。

 

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの特徴

オリックス銀行カードローンは希望額が300万円以下なら、所得証明の提出も不要としています。一定の年収があればアルバイトやパートの方でも申し込みができ、おまとめや借り換えのカードローンとしても使えるために幅広い用途で人気を集めています。

年利 3.0%~17.8%
限度額 最高800万円
審査時間 最短即日回答
 

最高金利でいくら利息を払うのか

 

初めてのカードローンでは最高金利が適用されるケースがほとんどなのは残念ですが、実際にどれくらいの利息になるのかを考えると、それ程大きくはありません。金利が多少高くても、借入金額が少なければ利息はそれ程大きくならないからです。例として、消費者金融の最高金利18.0%で30万円を借入したとします。1年でかかる利息は48000円です。

 

しかし、実際にはこれだけの利息にはなりません。利息は最初の借入金額に対してかかるのではなく、元金に対してかかってきます。元金とは借入残高のことで、毎月返済をしていけば元金は減っていきます。金利は元金に対する日割り計算でかかります。

 

例えば1カ月を30日間とした場合、30万円の借入れで最初の1カ月でかかる利息は4000円です。ここで54000円返済したとすると、利息分の4000円を差し引いた50000円分が元金の返済に充てられます。次の月にかかる利息は、元金の25万円に対して計算されます。1カ月でかかる利息は、3750円です。段々とかかる利息は減っていきます。

 

極端な話をしてしまえば、20万円のカードローンを組んだとして、30日後に一括で返済した場合、支払う利息はわずか3000円です。30日以内に返済すればもっと少なくなります。金利が18%だとしても、毎月きちんと返済をしていけば、総合的な利息はそれ程大きくはなりません。

 

銀行のような金利面での優れた条件はありませんが、プロミスの魅力は何と言ってもその融資スピードです。審査時間も最短30分となっているために今日に必要なお金もすぐに調達をすることが出来るのです。